ブリッジにした歯がいたくなり、不安になり別の歯医者に行きました。

  • Q.
    ブリッジにした歯がいたくなり、不安になり別の歯医者に行きました。
    ブリッジは左下で、一番奥から、手前二本抜歯して、奥歯と抜歯した二本の手前の歯を削り、ブリッジにしたのですが、した後に、どのくらい持つかわからないと不安なことを言われ、、、数カ月で支えてる歯が痛くなったので、ほかの歯医者さんに行きました。
    結局すべての歯を調べてもらい、上の歯も抜歯しないといけないとこもあるのですが、とりあえずブリッジを取りました。
    結局歯は割れてなかったのですが、すでに一番奥の歯が虫歯になってて、抜歯しました。
    今は左下億から3本なく、今後どうするかということで質問です。
    わたしは、ノンクラスプ義歯にしようと思ったのですが、お医者さんはインプラントをすすめます。
    確かにいいのですが高いので躊躇してます。すると、インプラントと義歯の合わせたような方法、オーバーデンチャー?をすすめられました。
    見積もりを出していただきましたが、ノンクラス義歯は14万程度、オーバーデンチャーは34万程度、普通のインプラントなら1本で35万程度と言われました。
    他の歯もいつどうなるかわからないので、今後のことを考えて、どれにすのがいいか迷っています。
  • A.
    ご質問ありがとうございます。
    短い期間での再治療が必要になり大変なご苦労されたと思います。
    左下奥3本が無いとのことでしたが、今後残りの歯がどれくらい持つのか、お費用、許容される治療期間などによっても最適な治療法が変わってきます。
    またご心配されている他の歯もどうなるか分からない状態でのインプラント治療は、今後更なるインプラントの追加などの治療が必要になることがございます。
    事前に、今後起こり得る状況を見越して入れ歯治療やインプラント治療を選んで頂くとが大切だと思います。
    あまり状態が良くない歯をなるべく残して治療を行うのか、しっかり残る歯だけを残して治療を行なっていくかで、今後の再治療のリスクも変わってくると思います。
    一般的にノンクラスプ義歯は、審美性には優れていますが、入れ歯をしっかり安定させる事が難しく、噛みづらいデメリットがございます。
    また残っている他の歯に過剰な力がかかり歯の寿命を短くしてしまうこともございますので注意が必要です。
    またインプラントオーバーデンチャーは、本来少ないインプラント本数で入れ歯を安定させることができる治療法ですが、今現在の左下奥3本の部位にインプラントオーバーデンチャーを行うのであればインプラントは2本必要になります。
    下の総入れ歯の場合でも、2本のインプラントが必要となるため、今後、他の歯がだめになった時はさらに安定させるためにインプラントの追加が必要になってしまうことが予想されますので、最終的にインプラント本数が嵩んでしまう可能性がございます。
    インプラントオーバーデンチャーは最小のインプラント本数を、適切な位置に配置して効果を発揮するので最初の治療設計や今後の見通しが非常に重要です。通常のインプラント治療であれば、左下奥に1本ずつインプラントを入れるか、2本のインプラントでインプラントブリッジにするかのどちらかが考えられます。他の歯がダメになってしまった場合は、その都度、入れ歯かインプラントオーバーデンチャーか通常のインプラントかの選択をしなければならないので全て通常のインプラントで治療を行うと、治療費用は一番かかってしまう選択になると思います。
    いずれの場合も残っている歯の状態、その歯を残すかどうかで将来的にかかる治療費用や治療回数なども変わってきますので、事前に十分な相談をすることが重要です。
関連記事一覧

監修者情報

松井 泰隆 YASU DENTAL CLINIC 院長 『インプラントオーバーデンチャー外来』

 

東京歯科大学を卒業後、京都大学医学部附属病院で口腔外科を学び、その後インプラント治療や入れ歯治療を専門に行う医療法人に勤務し分院長などを歴任。

ドクター紹介を見る

大阪のインプラントオーバーデンチャー専門【YASU DENTAL CLINIC】


日付:   カテゴリ:インプラントオーバーデンチャー関連, よくある質問

まずは、あなたの
お悩みを
無料相談にて
お聞かせください!

当院では、来院される患者様の想いを大切にし、その期待に応える歯科治療を行います。そして綺麗になった歯で思いっきり笑い、ご飯を食べる喜びを感じて欲しいと考えています。
出会う歯科医院によって患者様の人生は大きく変わります。
人生最後の歯科治療を、是非当院にお任せください。