インプラント
オーバーデンチャーと
オールオンフォーの違い

オールオンフォーとは

オールオンフォー

歯の先進国の欧米では広く普及している治療法です。

総入れ歯や多くの歯を失った方に4本から6本のインプラントをバランスよく骨に埋入して、連結した人工歯を支える治療法です。埋入手術当日に固定式の仮の歯をいれるので、その日のうちに噛む事が可能です。

機能面はもちろん、審美的にも優れた治療法です。インプラント本数も少ないため、手術時間が短く、費用も抑えることが可能です。

オールオンフォーの
メリット・デメリット

メリット

治療当日に歯が入る
(即時荷重)
通常のインプラント治療では、インプラントと骨がしっかり結合するまでの4ヶ月ほどは、安静にする期間で被せ物などの人工の歯は入れることができません。インプラントが骨と結合せず失敗する最大の原因は治癒期間中にインプラントに100μm以上の微細な動揺や力が加わることです。

オールオンフォーの治療で手術当日に仮歯を入れる事ができるのは、インプラントに負荷がかからないように、仮歯に太い金属フレームを使用し強度を増して、厳密に噛み合わせの調整を行うことで、インプラント本体に微細な動揺や力が加わらないようにしているからです。手術後から仮歯を使用し、お食事を食べて頂けますが、術後1ヶ月はあまり硬いものは噛まないようにお願いをしております。
従来の治療法より
費用が抑えられる
歯が全くない方のインプラント治療は、通常では8本〜12本のインプラントを使用する必要があります。しかしオールオンフォーであれば、最小4本のインプラントで12本の全ての歯を支えることができます。
体にかかる負担を
軽減できる
インプラントの本数が少ないため、手術時間も短くなり外科的な侵襲が少なくなります。また通常の術式では、インプラント1次手術・2次手術を行った後に被せ物の歯が入りますが、オールオンフォーでは一度に上記処置を行うため、治療回数が少なくなります。
よく噛める
インプラントで全ての歯が固定されているため、入れ歯のように動いたり外れたりすることはなく、何でも噛む事が可能です。また噛む力はインプラントを通じて骨で負担されるので、ご自身の歯に近い感覚で食事を食べることができます。
取り外す必要がない
オールオンフォーの被せ物は、インプラント本体にネジ止め、もしくはセメントで固定されているため、ご自身で入れ歯のように外す必要がありません。また入れ歯のように食事の度に入れ歯を外し洗わなければならないなどの、人目を気にすることもなくなります。
顎の骨量が少ない方でも
手術可能
オールオンフォーは、骨が十分ある部分にインプラントを埋入するため、骨が痩せて少なくなっているような方でも、治療を行う事が可能です。また、通常のインプラントで必要になるような骨を増やす大がかりな処置も必要ありません。
重度に骨が痩せすぎてしまっている方はオールオンフォーの適応にならない場合も稀にあります。
違和感が少なく、
発音しやすい
入れ歯と違い、オールオンフォーの被せ物はご自身の歯の本来の大きさに近いため違和感がほとんどありません。また、インプラントに完全固定されているため、ズレたり外れるかもしれないなどの気を遣う事がなく、思いっきり笑い、お話することができます。発音に関連する唇や舌の動きを妨げるような位置に被せ物がないため、発音も滑らかに行う事が可能です。
痛くない・外れない
オールオンフォーの被せ物は、ネジやセメントで固定されているため、取り外し式の総入れ歯のように外れたり、ズレたりすることはありません。歯科医院では専用の器具を使用し、トラブルがあれば外して修理できるようになっています。また噛む力はインプラントで支えられるため、入れ歯のように歯茎が痛くなったり、擦れたりすることもありません。
骨の吸収を防げる
歯を失うと、時間の経過とともに歯茎と骨が徐々に痩せていく事が分かっています。これは廃用性萎縮と言って、使われていない組織は、萎縮して痩せ細っていくということを言います。歯が存在すれば、歯根が骨に負荷をかけるため、廃用性萎縮は起こりませんが、歯を抜いてしまうと骨に負荷がかからなくなるため、この廃用性萎縮は起こります。

例えば、骨折してギブスをすると、手や足がみるみるうちに細くなっていくのと同じことです。入れ歯においても同様で、入れ歯では骨に負荷がかからない為、廃用性萎縮が起こります。しかしインプラントを用いることで、インプラントを通して骨に負荷がかかる為、廃用性萎縮が起こらなくなります。
治療期間を短縮できる
通常のインプラント治療で骨造成が必要となった場合は、骨ができるまで6ヶ月〜1年ほど待たなければなりません。オールオンフォーでは、基本的に骨造成の必要がないため、治療期間が大幅に短縮されます。
また歯が残っている場合なども、通常のインプラント治療であれば、抜歯後に骨ができるまでの6ヶ月間はインプラントを入れることはできませんが、オールオンフォーでは、抜歯した当日にインプラントを入れる事が可能です。

デメリット

外科的手術が必要
インプラントを入れる際には必ず手術が必要となるため、侵襲は少なからずあります。手術が怖いという方には、寝てる間に治療が完了する静脈内鎮静を当院ではお勧めさせていただいております。また、ガイデッドサージェリーを使用することで、手術時間と外科的な侵襲を最小限にすることも可能です。
入れ歯に比べると
費用がかかる
入れ歯でも使用する材料などによっては費用がかかることもありますが、一般的にはインプラント治療の方が費用がかかる傾向にあります。入れ歯に比べ、使用する材料や治療で必要とする部品の数が多いことが原因に挙げられます。
適応できない
ケースがある
ごく稀ではありますが、高度に萎縮してしまった骨には適応できない場合がございます。また骨粗鬆症や抗がん剤治療で、ビスフォスフォネート製剤を使用されている場合は治療ができません。
しっかりした歯ブラシや定期的なメンテナンスが必ず必要
インプラントも歯磨きをしなければ歯周病になります。また3ヶ月に1度は歯科医院で専門的なクリーニングを行うなどメンテナンスを行うことが重要です。

オールオンフォー治療が
適応となる状態

しっかりご自身の歯のようにご飯を食べたい方
口元の見た目を改善されたい方
歌を歌ったり、楽器を吹きたい方
歯を残すことが難しく、総入れ歯になってしまう方
総入れ歯に不満がある方
(痛い、喋りづらい、噛めない、外れる、ズレる、食事が入れ歯の隙間に入るなど)
食後、総入れ歯を毎回外したくない方、見られたくない方
きちんとメンテナンスできる方

オールオンフォーではなく、
インプラントオーバーデンチャーをすすめる理由

オールオンフォー

オールオンフォーよりインプラントオーバーデンチャーをすすめる理由は、メンテナンスの行いやすさです。

インプラントオーバーデンチャーはご自身で入れ歯を外して清掃を行う事ができ、またお口の中のインプラントの上部のパーツは直径4mmと小さいため、非常に簡単に清掃できます。

もしも介護が必要になった時でも、介助者が入れ歯を外し、容易に歯ブラシができるのも特徴です。インプラントの一番のトラブルであるインプラント周囲炎(インプラントの歯周病)の予防にもなります。またオールオンフォーに比べ、費用が大幅に抑えられるメリットもございます。インプラントの本数も1本から3本ほど少なくでき、オールオンフォーの被せ物より入れ歯のほうが費用も安く抑えられます。

メンテナンスの違いについて

メンテナンスの違いについて

メンテナンスは、ご自身で行って頂く毎日の歯磨きと、歯科医院にお越し頂き行う専門的なクリーニングの2つに分けられますが、インプラントオーバーデンチャーの特徴はそのいずれも簡単にメンテナンスできる事が特徴です。

オールオンフォーに関しては、セメントやネジで人工歯を固定しているため、何か必要がない時以外は外さないようになっています。人工歯を着けたまま行うメンテナンスは、外した時に比べメンテナンスが難しく、技術を要します。メンテナンスに使う器具が届きずらかったり、お口の中のスペースが狭くなってしまうからです。

その点、インプラントオーバーデンチャーに関しては、ご自身で入れ歯を外して清掃を行う事ができ、またお口の中のインプラントの上部のパーツは直径4mmと小さいため、非常に簡単にメンテナンスができます。もしも介護が必要になった時でも、介助者が入れ歯を外し、容易に歯ブラシができるのも特徴です。インプラントの一番のトラブルであるインプラント周囲炎(インプラントの歯周病)の予防にもなります。

詳しく見る

まずは、あなたの
お悩みを
無料相談にて
お聞かせください!

当院では、来院される患者様の想いを大切にし、その期待に応える歯科治療を行います。そして綺麗になった歯で思いっきり笑い、ご飯を食べる喜びを感じて欲しいと考えています。
出会う歯科医院によって患者様の人生は大きく変わります。
人生最後の歯科治療を、是非当院にお任せください。