よくある質問

治療前

  • インプラントオーバーデンチャーでは、よく噛めるため噛む力も増大します。そのため従来の保険診療で使用されているプラスチック製の入れ歯では、割れるトラブルが多く見受けられます。当院では、インプラントオーバーデンチャー専用の金属フレームを使用した強度のある入れ歯をお勧めしております。

  • インプラント本数や入れ歯を新しく作り変えるかにもよりますが、今ご使用している入れ歯を使って治療を行うのであれば、最短2〜3ヶ月新しく入れ歯を作り変えるのであれば、6ヶ月〜8ヶ月程度かかります。

  • 特にありません。入れ歯を使用されている全ての年代の方に適応できます。インプラントオーバーデンチャーは、歯を数本失ってしまった部分入れ歯の方から総入れ歯の方まで幅広く対応が可能です。40代の若い方でも、部分入れ歯をインプラントオーバーデンチャーに変更することで、入れ歯の使い心地は劇的に改善します。また不適切な部分入れ歯の使用を続けると、入れ歯のフック(クラスプ)がかかっている歯の寿命を短くし、歯が抜けるスピードを早めてしまいます。早い段階から、入れ歯をインプラントで固定することが出来れば、将来の歯を失う可能性を少なくできます。

治療中

  • 治療でお痛みが出ることはほとんどございません。インプラントを入れたりする外科処置の際は、十分に麻酔を効かせ無痛状態で治療を行います。インプラントを入れる処置は、歯を抜くよりも侵襲が少ないとされており、術後のお痛みも個人差はありますがお痛みがない方がほとんどです。

    詳しく見る

  • 部分入れ歯でもインプラントオーバーデンチャーで治療することは可能です。インプラントオーバーデンチャーにすることで部分入れ歯の不快事項である、金属製のフックを無くし(審美性)、食事が入れ歯の中に挟まるのを防ぎ(痛み)、良く噛めて(噛み心地)、健康な歯へのダメージ(残存歯への負担軽減)を改善することができます。

    詳しく見る

治療後

  • 術後2ヶ月以降からしっかり噛んで頂くことが可能です。一般的にインプラントは骨と結合するまでの期間は約4ヶ月程度と言われており、その期間までは思いっきり噛む事ができません。ストローマン社製インプラントは表面の性状が優れているため、治癒が早く2ヶ月で治癒が完了するため、早い段階から思いっきり噛んで頂くことが可能です。

  • 治療が完了し、入れ歯が安定すれば、3ヶ月に1度のペースで歯科医院でも専門的なメンテナンスをお勧めしております。
    歯科医院で行うメンテナンスは、
    ・ロケーターの劣化の程度の確認と必要であれば交換
    ・入れ歯の噛み合わせのチェックと調整
    ・入れ歯部分の歯茎の状態のチェック
    ・インプラント部分の歯茎の状態のチェック
    ・インプラント周り専門的なクリーニング
    ・入れ歯の洗浄
    など行います。

まずは、あなたの
お悩みを
無料相談にて
お聞かせください!

当院では、来院される患者様の想いを大切にし、その期待に応える歯科治療を行います。そして綺麗になった歯で思いっきり笑い、ご飯を食べる喜びを感じて欲しいと考えています。
出会う歯科医院によって患者様の人生は大きく変わります。
人生最後の歯科治療を、是非当院にお任せください。