インプラントオーバーデンチャー手術

インプラントオーバーデンチャー手術

インプラントオーバーデンチャー手術無事に進んでいるのですが…

  • Q.
    奥歯が歯周病で全部ダメになって抜歯したのをきっかけに自分の歯を全部抜いてインプラントオーバーデンチャーにしようと決めて下顎は既にインプラント埋没させ2月に上顎の手術予約となっています。
    手術は特に問題なく済んでいます。
    「増骨材」は両顎とも入れアタッチメントはバータイプと言う説明だったのですが自分で検索して勉強してみた所、バータイプは堅強に入れ歯部分とはまり掃除も大変そうなのでボールタイプに変更希望を伝えた所担当医がバータイプを付けたい様で(バータイプだと余計に100万円かかる)アタッチメントの決定を上顎術後の半年後でもいいので決定していませんがボールタイプに私はしてもらいたい旨を優先しても良いのでしょうか?
    またインプラントオーバーデンチャー後に通常の固定式インプラントに変更手術はできない(骨量が足りなくなるから)との事ですが変更は増骨材等の使用をしても全く無理なのでしょうか
  • A.
    ご質問ありがとうございます。
    バータイプもボールタイプも入れ歯を固定する力は、そこまで大きな変わりは無いように思われます。ただし、仰られるようにバータイプの方がアタッチメントのサイズは大掛かりになるため、清掃する表面積も大きくなります。
    その点ボールタイプの方が構造が単純なため簡単に清掃は出来ると思います。
    また、バータイプは全て特注品となる為、材料代や技工代、治療期間がかかるため費用も大きくなる傾向にございます。
    どのように治療したいか、どのように治したいかは患者さまのご希望が一番大事になってきます。仰っていることに間違いは無いと思われますので、担当されている先生と十分に相談し、最善と思われる方法で治療を行って頂きたく思います。
    またインプラントオーバーデンチャー後に通常の固定式インプラントに変更できるかどうかですが、インプラントの本数にもよりますが、基本的には可能だと思われます。インプラントオーバーデンチャーも固定式インプラントも、両者とも理想的なインプラント埋入位置は同じ位置となっております。
    きちんとした治療手順を踏み、きっちりインプラント埋入されていれば、固定式インプラントに変更はできます。
    骨の量が足りなければ、そもそもインプラントを入れる事ができないので、変更手術が出来ないことは無いと思われます。
    インプラントオーバーデンチャーインプラントも固定式インプラントのインプラントも骨が無ければ、増骨材などを使用し骨を増やしてから入れるのが通常でございます。
    >> インプラントオーバーデンチャーについて
    >> インプラントオーバーデンチャーの症例

大阪のインプラントオーバーデンチャー専門【YASU DENTAL CLINIC】


日付:  カテゴリ:インプラントオーバーデンチャー関連, よくある質問 and tagged

まずは、あなたの
お悩みを
無料相談にて
お聞かせください!

大阪のインプラントオーバーデンチャー専門【YASU DENTAL CLINIC】

インプラントオーバーデンチャー外来では、来院される患者様の想いを大切にし、その期待に応える歯科治療を行います。そして綺麗になった歯で思いっきり笑い、ご飯を食べる喜びを感じて欲しいと考えています。
出会う歯科医院によって患者様の人生は大きく変わります。
人生最後の歯科治療を、是非インプラントオーバーデンチャー外来にお任せください。