インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャー

過去に神経の治療をした上の歯2本が駄目になって抜歯することになりそうです。

  • Q.
    過去に神経の治療をした上の歯2本が駄目になって抜歯することになりそうです。
    歯医者がインプラントを勧めてくるので考えましたが、インプラントにしたら隣接する歯も駄目になったときインプラントにしないといけないらしく、もう既に虫歯になって被せ物がしてあるので、いずれ絶対駄目になるんだろうなあ〜と思っています。
    その度に手術して身体に負担かけて、高額なお金を払うのは気が引けます。( 数本ならいいですけど… ) なので今はインプラントにはせず、ブリッジか部分入れ歯にしてほぼ全部の歯が駄目になるのを待って、インプラントオーバーデンチャー(インプラント併用の総入れ歯 )とか普通の総入れ歯にするほうがコスパがいいのでしょうか? 貴方ならどうしますか?
    歯医者は強くインプラントを勧めてきます。
    目先のお金儲けのことしか考えないんじゃないかと思ってしまいます…。 また、銀歯の詰め物になっているところはセラミックに変えたほうが歯の寿命が長く保てるとかありますか?
    銀歯はフロスが引っかかってやりにくいです。
  • A.
    お悩み拝見致しました。確かに隣の歯が被せ物が入っているのであれば、後々抜歯になる可能性は少なからずあると思われます。
    神経を取られている歯であれば、なおさらその確率は高くなります。1本の歯が抜歯になるまでにかかる治療の回数は5回と言われております。
    被せ物が入っている時点で何回かは治療が行われていると推察されますので、今後の起こり得る可能性も考慮して治療を行うことが大切です。
    何か問題が起こった部位だけを、その都度治療を行っていくのを対症療法と言います。そして何か問題が起こった部位の根本の原因を解決して治療を行うことを原因療法と言います。
    この対象療法だけを行なっていると、仰る通りその度に手術して身体に負担をかけて、治療費は嵩んできます。
    原因療法を行うと、なぜその歯が失う事になったかの理由が分かり対策を取れるので、残っている他の歯を守ることに繋がります。
    この原因療法は、今後の起こる可能性があるトラブルを事前にご理解し予測して頂く事ができ、歯を失って行くのをただ待つ必要もなくなります。そしてもしどこかに問題が起これば、そこの歯だけの治療を行うだけで完了できますので、再度全体的な治療を行う必要もなくなります。今現在の残っている歯の状態にもよりますが、全体的なバランスを見なが治療方針をご相談されていはいかがでしょうか?
    原因療法を行うには、今かかられている歯科医院様と長いお付き合いになりますので、双方の信頼関係が大変重要になります。患者様が信頼をおけて、『ここで治療したい!』と思える歯科医院は必ずあると思いますので色々探せれてご相談してみてください。
    また銀歯をセラミックに変える件ですが、銀歯であってもきちんと治療を行えばフロスが引っかかることは無くなると思います。
    ただ一般的には、銀歯は痛くなく噛めるようにすることに重きを置く治療になりますので、歯の寿命までは確かになかなか考えられていないのが実情です。
    セラミックにすることで、再治療が必要になる可能性は低くなりますので、歯の寿命が長く保てるのに繋がると思われます。

大阪のインプラントオーバーデンチャー専門【YASU DENTAL CLINIC】


日付:  カテゴリ:インプラントオーバーデンチャー関連, よくある質問 and tagged ,

残根やインプラントを利用したオーバーデンチャータイプの義歯がどうもうまく適合・機能しません。

  • Q.
    残根やインプラントを利用したオーバーデンチャータイプの義歯がどうもうまく適合・機能しません。
    何か良いコツや製作法がありましたら、できるだけ詳しくお願いします。
  • A.
    オーバーデンチャーがうまく適合・機能しない大きな理由は3点です。
    ①最終の入れ歯を作成する前に仮の入れ歯で様子を見なかった、
    ②まだ最終の入れ歯に慣れていない、
    ③入れ歯と残根やインプラントの結合部分(ロケーター)の位置不良が考えられます。
    ①最終の入れ歯を作成する前に仮の入れ歯で様子を見なかったですが、きちんとした治療ステップでは、最終の入れ歯を作成する前に、最終の入れ歯と同様の形をした仮の入れ歯を作成し、きちんと噛めるか、違和感は無いか、入れ歯が安定するかなど多岐にわたる項目を観察します。
    そこでもし問題が起これば、仮の入れ歯の修正を行います。
    全ての問題を解決した仮の入れ歯の形を、最終の入れ歯に反映することで、上手く適合・機能しないなどのトラブルは回避できるかと思われます。
    ②まだ最終の入れ歯に慣れていないですが、最終の入れ歯に慣れるのに大体1ヶ月程度かかります。
    お口の中は髪の毛1本入っても分かる繊細な組織なので、新しい入れ歯に適応するまで少々お時間が掛かることがございます。
    ③入れ歯と残根やインプラントの結合部分の位置不良ですが、結合部分(ロケーター)の装着は実際の口腔内で行われます。
    この装着工程でズレなどが生じた場合に上手く結合力が機能しない場合がございます。
    ここは歯科医師の治療の丁寧さ精密さが重要になる部分です。
    どのように上手く適合・機能しないかを詳しく担当の歯科医師に伝えることで、どこがいけないかを把握できますので、解決の糸口になると思います。

大阪のインプラントオーバーデンチャー専門【YASU DENTAL CLINIC】


日付:  カテゴリ:インプラントオーバーデンチャー関連, よくある質問 and tagged , ,

総入れ歯を インプラントオーバーデンチャー にしようか 迷っています。

  • Q.
    総入れ歯を インプラントオーバーデンチャー にしようか 迷っています。 二本のインプラントで留めるものです。
    やって良かった。叉は しなかった方が 良かった。
    等、 どうか実際のお声を お願い致します。
    私は骨量から 4本 6本などは 入れられません。
  • A.
    ご質問ありがとうございます。
    総入れ歯をインプラントで留める場合、上顎であれば4本、下顎であれば2本が好ましいインプラント本数とされております。
    当院では少しでも患者様の負担を少なくするため、上顎であれば2本、下顎で1本からが最小のインプラント本数としております。
    本数を少なくすることで、費用面では抑えられますが入れ歯を安定させるには少し不安が残ります。
    やって良かった声)
    ・食事の際に入れ歯がズレる事がなくなった
    ・趣味のコーラスを気兼ねなくできるようになった
    ・治療に踏み切ることで将来の歯に対する不安がなくなった
    ・お肉が噛めるようになり嬉しい
    ・口臭がなくなった
    ・上顎の覆う面積が小さくなったため嘔吐かなくなったなどのお声を頂きました。
    しなかった方が良かった声ですが、実際に当院で治療された方にこのようなお声は頂いた事がございません。
    本当であればしなかった方が良かった声も皆様にお届けできましたらよりご納得頂けたかと思うのですが、申し訳ございません。
    当院では十分にインプラントオーバーデンチャーで得られる利点や欠点を十分に説明した上で治療を行なっておりますので、当初のイメージや思いからかけ離れてしまうことは少ないように思います。
    当院でインプラントオーバーデンチャーの治療を行う方に説明しているリスクや注意点としまして、
    ・治療期間が総入れ歯に比べて長くなってしまうこと
    ・インプラントの手術が必要であること
    ・インプラント周囲炎のリスク
    ・治療に関わる費用
    ・治療後に起こるトラブルとその対応法
    ・メンテナンスの重要性
    など細かくお伝えするようにしております。
    インプラントの本数も入れ歯の安定に大きく影響いたしますので、担当される先生と十分にご相談して頂けたらと思います。

大阪のインプラントオーバーデンチャー専門【YASU DENTAL CLINIC】


日付:  カテゴリ:インプラントオーバーデンチャー関連, よくある質問 and tagged ,

まずは、あなたの
お悩みを
無料相談にて
お聞かせください!

大阪のインプラントオーバーデンチャー専門【YASU DENTAL CLINIC】

インプラントオーバーデンチャー外来では、来院される患者様の想いを大切にし、その期待に応える歯科治療を行います。そして綺麗になった歯で思いっきり笑い、ご飯を食べる喜びを感じて欲しいと考えています。
出会う歯科医院によって患者様の人生は大きく変わります。
人生最後の歯科治療を、是非インプラントオーバーデンチャー外来にお任せください。