お知らせ

どうやって病院を選べばいいでしょうか?

  • Q.
    インプラント治療することを考えています。どうやって病院を選べばいいでしょうか?
    虫歯治療で通ってる病院では40万円と言われました。相場から離れすぎてるのも良くないということなので、20万から30万で探したいと考えています。
    値段以外にもどういうところで見ればいいか教えてください。
  • A.
    ご質問ありがとうございます。
    インプラント1本40万円であれば、そこまで相場からかけ離れていないと思われます。
    被せ物の歯の材料や使用されているインプラントメーカーなど、きちんとした物を使うのであれば、相場ぐらいだとおもわれます。逆に20万円代で安く治療されてる医院は、比較的安価なインプラントメーカー(中国製や韓国製など)や、被せ物の材料などの質を落とす事で、コストカットを図っているので、少し不安が残るかと思います。
    体に入る物なので、医学的に安心できるメーカーや、精度の良い材料を使って治療する事をお勧め致します。
    また歯科医院選びですが、これが一番難しいかもしれません。
    歯科治療というのは、口の中の処置なので何をどのようにされているか分からない為、治療技術の評価をする事が難しくなってしまいます。一般的によく言われる、治療が早い、費用が安い、痛くないなどで評価される事がありますが、これらイコール良い歯科医院とは限りません。
    一番大切なのは信頼だと思います。患者様ご自身が色々相談に行かれて、この歯科医院であれば、全てを任せても良いと思えることが重要です。
    インプラントは一度入れてしまうと修正がきかない為、これからの長い人生ずっと付き合っていくことになりますので、責任持って生涯に渡りきちんと、入れられたインプラントを管理して頂ける責任感ある歯科医院を探されることをお勧め致します。
    ご参考になりましたら幸いです。

大阪のインプラントオーバーデンチャー専門【YASU DENTAL CLINIC】


日付:  カテゴリ:オールオン4, よくある質問

私はインプラント手術可能?

  • Q.
    30年以上前に上顎洞炎の手術で上顎前歯を削り、上顎片側にインプラント3本入っています。(A医師のオペ)ヒーリングキャップを被せている状態です。
    上顎残り片側もインプラント受診をA医師にした時点ではオールオン4をしましょうとの所見でした。(この時点では骨造成の話しは出ませんでした。)そんな状態のまま約1年経過してしまいました。なぜかと言うと片側にヒーリングキャップをした時点で担当のA医師が身体的事情で復帰のメドが立たなくなってしまったからです。
    その間、代打で同系列他院から一時的に来られている別の医師(B医師)に診て貰いましたら最初の医師とは違う所見が出ました。
    サイナスリフトをするとインプラント可能だが結論、当院では出来ないから別の病院に行って下さいとの事。仮にサイナスリフトをしても骨が薄い為、何年もつか分からない。だからインプラントは勧めない。と言われました。仕方ないのでひとまず紹介状を書いて貰い、歯科で大きな大学病院を受診しました。(30年以上前に上顎洞炎手術を受けた病院)
    初診では単純レントゲンだけを撮り、2回目の受診でインプラント不適合と言われました。(C医師) 骨が1㎜程しかなくサイナスリフトをしても脱落の可能性が50%以上あるのでやめた方が良いと言われかなりショックを受けています。
    もちろん医師によって見解に違いが有るのは分かりますがB医師、C医師はほぼ同じ様な所見ですがA医師の所見とは違うのでどうして良いのか分からなくなりました。私としては体への負担、期間、費用を考えると可能な限り最小限で的確な方法で行いたいです。
    まとめますと…
    1.
    私はインプラント手術可能なのか?
    2.
    ビスフォスフォネート剤投与頃からそれまでの義歯(上顎洞炎手術あとに入れた)と健康な歯にも悪影響が出たとあくまでも自己判断だが感じた事と、骨が1ミリ薄な事や、歯周病の影響など状態悪化した事などで今回の治療が保険治療対象にならないのか?
    3.
    技量ある医師に骨造成して貰ったとして、その後のケアをしても20年以上もたせる事は難しい事でしょうか?
    アドバイスぜひ宜しくお願い致します。
  • A.
    ご質問ありがとうございます。
    仰るように各歯科医師ごとにより、見解が違う事はあるかと思います。またその歯科医師の技量や得意不得意などによっても見解がことなることもございます。
    1.
    インプラント手術が可能かどうかですが、実際に拝見させて頂かないと、正確な事はお伝えできませんが、現代の歯科技術を用いれば、骨の状態によってインプラントが出来ないケースということはほとんど無いと思われます。
    サイナスリフトをした部位のインプラントが長持ちしないということもございません。きちんとサイナスリフトで骨が増えていれば、通常のご自身の骨に入れられたインプラントと同じように機能させることができます。またサイナスリフトをした部位のインプラントが50%以上で脱落するという科学的な根拠はございませんのでご安心頂ければと思います。ただしサイナスリフトは、インプラント手術の中でも技術を用し、難易度が高いため、この手術ができるのは一部の歯科医師に限られます。
    きちんと処置ができると言って頂ける歯科医師に出会うまで、何件かカウンセリングに行かれてみてはいかがでしょうか?技術がある歯科医師なら必ず治療をして頂けると思います。
    2.
    ビスフォスフォネートとありますが、このお薬を服用されていると骨の代謝が抑えられているため、基本的にはインプラント治療を行うことが難しくなります。
    インプラントに感染が起きた際に顎の骨が壊死してしまうなどの報告もございますため、ビスフォスフォネート製剤服用の方はより慎重にインプラント治療を検討する必要があります。一般的に骨粗鬆症で使われる内服のビスフォスフォネート製剤の顎骨壊死のリスクはそこまで高くは無いものの、悪性腫瘍の治療に用いられる注射のビスフォスフォネート製剤はよりリスクが高くなる為注意が必要です。事前に十分なリスクを把握しておくことが重要です。
    また今回のようなケースの場合でもインプラント治療や、それに付随する治療が保険適応になることは難しいと思われます。
    3.
    きちんとした治療を行い、骨造成したところのインプラントをケアしていれば、20年以上持たせることは可能だと思います。まずは技術のある信頼の置ける歯科医院に巡り会うまで色々カウンセリングに行って頂けたらと思います。

大阪のインプラントオーバーデンチャー専門【YASU DENTAL CLINIC】


日付:  カテゴリ:オールオン4, よくある質問

オール・オン・フォーって若い方には良くない、お勧めしない?

  • Q.
    インプラントの一種の「オール・オン・フォー」ってある程度お歳の方にはまあ良い、でも40代とかの若めな方には良くない、お勧めしない、とある歯医者さんに言われました。
    やはり支える力が弱いとか歯茎が沈む、とかですか? 
    でもオール・オン・6や8もありますよね? どう思いますか?
  • A.
    ご質問ありがとうございます。
    どのような意図で、歯科医師が40代の若い方にはオールオン4が勧められないと言われたかが分かりませんが、基本的にオールオン4 に年齢は関係ありません。
    比較的若い方は、ご自身の歯が残ってる事が多いので、その歯を大事にすると言う意味で仰られたのかもしれません。一般的には、若い年齢の方が噛む力も強く、オールオン4 の使用する年数も長くなる為、今後何かしらのトラブルに見舞われる可能性はございます。年齢によって歯茎が沈むなど変わる事もないので、ご安心下さい。
    インプラントの本数によってオールオン6や、それ以上の本数もありますが、インプラント本数が多すぎるのも、メンテナンスや清掃性の観点から問題になる事があります。科学的な根拠のある本数としては、上顎は7本、下顎は6本のインプラント本数が1番安定すると言われております。
    オールオン4 も決して悪くはないのですが、本数が少ない分、インプラントにかかる負担は大きくなる傾向にある為、何かトラブルがあった際はリカバリーが大変になる事もあるため、事前に担当される歯科医師と本数に関するメリット・デメリットの説明を十分受けることが重要と思います。

大阪のインプラントオーバーデンチャー専門【YASU DENTAL CLINIC】


日付:  カテゴリ:オールオン4, よくある質問

オールオール4にしたら、見た目は綺麗に治りますか?

  • Q.
    49歳女性です。
    元々反対咬合で、審美的にセラミックを被せていましたが割れてグラグラになり、
    歯周病も進行し、オールオール4をする為に抜歯し、
    一時的に上の歯を犬歯に針金をかける入れ歯にしました。
    見た目的に前歯が斜めに前へ出ていて猿みたいな感じになっています。
    なんだか義歯のアーチがやけに大きい様に見えます。装着感は痛みは有りませんが、喋りにくく人前に出たら即入れ歯と分かるくらい見た目が変です。
    オールオール4にしたら、見た目は綺麗に治りますか?
    先生に義歯が出っ歯に見えるから直して欲しいと頼んだら、削って貰えるんでしょうか?
  • A.
    ご質問ありがとうございます。
    反対咬合は噛み合わせ的に歯の負担が大きく、
    多くの方が歯を失ってしまう、厄介な噛み合わせになります。
    反対咬合の噛み合わせの方にセラミック矯正などで一時的に改善しても、その根本の条件は変わらない為、必ず将来的にトラブルに見舞われます。
    今お使いの針金をかけている入れ歯は、おそらく保険で治療されている入れ歯のため、見た目や噛みやすさなどまではカバーされていないのだと思われます。
    基本的にオールオン4の治療は抜歯と同時にインプラントを入れ、即日固定性の仮歯が入るため、入れ歯が不要となる場合があるため、一度担当されている先生とご相談して頂く事をお勧め致します。
    今お使いの入れ歯は削ったり、調整が可能なため、見た目を改善することは容易にできると思われます。
    最終のオールオン4の歯は、セラミックで作成されるため、今よりも綺麗になると思われます。
    ただし医院ごとにセラミックを作成される歯科技工士さんが異なるため、仕上がりも異なります。その医院が今までどのようなセラミックの治療をされているかが一番の参考になると思うので、一度治療症例などを確認していただけるとイメージが湧きやすいと思います。

大阪のインプラントオーバーデンチャー専門【YASU DENTAL CLINIC】


日付:  カテゴリ:オールオン4, よくある質問

入れ歯についての質問です。 コンフォート入れ歯とユニフィットデンチャーとは違うものでしょうか?

  • Q.
    入れ歯についての質問です。
    コンフォート入れ歯とユニフィットデンチャーとは違うものでしょうか?
    歯科医院でにコンフォート入れ歯にして欲しいとお願いしたのですが、保証書にはユニフィットデンチャーと記載されています。
    詳しく教えてください。
  • A.
    ご質問ありがとうございます。
    コンフォート入れ歯もユニフィット入れ歯も大まかな分類では、ノンクラスプデンチャーと言われる金属のフック(クラスプ)を使わない入れ歯の種類になります。
    両者の入れ歯では、メーカーが違う種類の入れ歯になりますが、
    大まかな括りとなるノンクラスプデンチャーという点では同様の入れ歯になります。
    ノンクラスプデンチャーを作成されているメーカーは数多くあり、そのメーカー事に特徴も変わってきます。今回の両者のメーカーとも歯茎に接する部分が柔らかい軟性の材料が使用されているのは同じですが、根本的な修理が必要になった際は、
    修理が出来ないなどのデメリットもございます。
    ノンクラスプデンチャーで治療される際は、どのような材料の特徴があり、修理が効くのかなど事前に十分なカウンセリングを受けることが重要と思われます。

大阪のインプラントオーバーデンチャー専門【YASU DENTAL CLINIC】


日付:  カテゴリ:よくある質問, 入れ歯関連

1本インプラントにすると、将来他もインプラントにしないといけなくなりますか?

  • Q.
    インプラントをひとつやると、当然高齢になるとそこだけ残りますよね?
    となると、多分今から30年後だと思いますが、総入れ歯できないし、他もインプラントにしないといけなくなりますか?
    歯科や科学の進歩で他の方法とかになりそうですか?
  • A.
    ご質問ありがとうございます。
    通常のインプラント治療を行なった後でも、上部構造(歯の被せ物)を変えることができるため、将来的に総入れ歯や、お口の中の状態が変わった際にも、さまざまな形態に変更することが可能となります。
    仮に将来的にインプラントが必要なくなれば、上から歯を入れずにキャップをすることで、インプラントを機能させないようにすることもできますし、総入れ歯の安定に役立つパーツ(ロケーター)を装着することで、総入れ歯を外れにくくすることも可能です。
    いずれの場合も将来的に残りの歯がダメになった際に、折角のインプラントが無駄にならないように設計し、インプラントを入れることが重要です。
    昨今のインプラント領域の技術革新はめざましい物があり、日々進歩しています。今後30年と長い期間で見ると更なる技術開発が予測されるため、今のインプラントをより有益に使用できるような物が開発されていると思われます。

大阪のインプラントオーバーデンチャー専門【YASU DENTAL CLINIC】


日付:  カテゴリ:インプラントオーバーデンチャー関連, よくある質問

入れ歯ってそのうち慣れてきますか?

  • Q.
    20代男性です。 年末に上の前歯7本を取り外し式の入れ歯にしました。
    ペーパーとかヤスリを使って削れる所は削ったり薄くしたりしましたが、まだまだ違和感があって喋り難いし、食事も摂りにくかったりしています。
    軽い吐き気もあります。 それから嫁には黙っているんですけど、やっぱり言っておいた方がいいでしょうか?
  • A.
    ご質問ありがとうございます。
    最初は入れ歯に慣れるのには期間はかかりますが、調整を繰り返し、徐々に使えるようになることがほとんどです。
    ヤスリなどを使いご自身で入れ歯の調整をされておられるようですが、入れ歯の調整は繊細で、正しいところを調整しなければ入れ歯が緩くなり、きちんと噛めるようになるのは難しいと思われます。
    歯科医院で調整をしてもらう事をお勧め致します。
    また軽い吐き気があるとの事ですが、おそらく嘔吐反射(えずきやすいこと)が原因だと思われます。これは、個人差があり、全く何も感じない方もおられますが、入れ歯を入れてえずいてしまう方は、この嘔吐反射を無くすことは出来ない為、入れ歯に慣れて頂く事が難しくなってしまいます。
    通常の入れ歯はサイズが大きい為、より嘔吐反射も起きやすくなってしまいますので、可能な限り入れ歯のサイズを小さくする治療方法をお勧め致します。

大阪のインプラントオーバーデンチャー専門【YASU DENTAL CLINIC】


日付:  カテゴリ:入れ歯関連

インプラントについて質問です。

  • Q.
    インプラント について質問です。
    下顎の奥4本づつの合計8本の歯をいれるためにインプラント6本で入れる方法と、残った前歯8本もそんなに状態良くないため、ハイブリッドレジンで被せるか、全て抜いてオールオン4の2択で見積り出されています。
    医師のおすすめは、ハイブリッドレジンとインプラントなんですが、調べてみるとハイブリッドレジン耐用年数5年程度。
    医師のオススメの方の見積りが330万で、オールオンフォーが350万でした。
    値段は仕方ないとは思うんですが、5年程度でまた前歯インプラントで100万から200万かかるくらいなら、オールオンフォーのがいいんじゃないか?と考えてることを伝えると、
    今日契約の勢いだったのが、もう一度話してからその時に契約しましょうと来年になってしまいました。あまり抜く歯医者はよくないとは聞きますが、明らかに耐用年数そこまで長くない被せで一旦間を持たせて最終的には費用かかる方を勧められてるのではないかと不安になってきました。
    長くなりましたが、今の歯医者さんを信用して一度被せて、いずれインプラントか最初からオールオンフォーか詳しい方いらっしゃいませんでしょうか?
  • A.
    ご質問ありがとうございます。
    頂きました内容を拝見しますと、計16本の歯を入れるということでしょうか?
    16本となると親知らずも治療の本数に入っていることになるため、そこまで歯の本数は必要ないかと思われます。
    親知らず部分に歯がなくても十分に噛むことができるため、14本で十分だと思われます。
    前歯8本はあまり状態が良くないため材料的に比較的安価なハイブリット(セラミックと樹脂の混合材料)で治療されるとの事だと思いますが、残る歯の状態にもよりますが5年程度しか持たないような状態であれば高額な治療になりますので、長期的に安定する治療方法を選ばれるのも一つかもしれません。
    現在の歯の状態をきちんと把握して、今後起こり得るトラブルを事前にご理解頂いて治療していく事が大切になってきます。
    今一度、あまり状態が良くない8本の予後をしっかりご相談されてはいかがでしょうか?
    本来であれば、ご自身の歯をなるべく残すことは非常に重要な事ではありますが、長い将来を見据えて、なるべく再治療が無いように・再治療が必要になった際も、治療が大掛かりにならないように治療設計を組むことが重要です。
    一番悩まれている一度被せてインプラントか最初からオールオン4かは、残っている歯の状態によると思います。そしてその状態をご理解頂き、患者様自信がどのように治療されたいかだと思います。
    悩ましい選択になると思いますが、様々な情報を提供しその選択をご自身でして頂けるよう、導くお手伝いをさせて頂くのが歯科医院の勤めです。
    歯科治療は、治療期間も長くなり、治療後もメンテナンスで通うなど長いお付き合いになます。信頼を置ける歯科医院に通い治療をする為にも、色々ご相談に行かれてはいかがでしょうか。必ず信頼の置ける歯科医院を見つける事ができると思います。

大阪のインプラントオーバーデンチャー専門【YASU DENTAL CLINIC】


日付:  カテゴリ:オールオン4, よくある質問

オールオン4を検討しています。

  • Q.
    オールオン4を検討しています。
    お恥ずかしいですが45歳でほぼ残せる歯はありません。
    現在近所の小さな歯医者で前歯真ん中下2本をブリッジの予定でしたが、当日に前歯下4本を抜いて、部分入れ歯にする事になりました。
    昨日2本抜いて、今日2本抜く予定です。下の歯2本に針金を引っ掛ける部分入れ歯です。審美的にも一番最悪です。それなら総入れ歯の方がまだマシと思いました。
    本日2本抜く予定ですが、キャンセルして別の大きなインプラント、オールオン4をしている歯科に変更しようと考えてます。今の近所の歯医者は、おじいさんで、説明もあまりしない感じで、ましてインプラントも出来ません。
    私が20年以上まったく歯医者にも通わず放置していたので、全ての原因は私で自業自得です。自営業で、経済的には問題ありませんので、別の有名なインプラントの歯医者でオールオン4を検討してます。上下で500万円くらいです。
    ただ10年後、20年後の事を考えるとオールオン4よりも入れ歯の方がいいのか、わかりません。オールオン4は10年後、20年後、例えば体が痩せて、歯茎も痩せてしまった場合、作り直しなどしないといけないでしょうか?ここ最近、寝れなくなり困ってます。
    今現在は、500~600万くらいであれば費用は出せますが、オールオン4にして、10年後~くらいにまた作り直す事になればその時に、高額な費用を払えるのか、将来的にはわかりません。
  • A.
    ご質問ありがとうございます。
    非常に心配されてご不安なお気持ちでだと思います。
    患者様からすると何が正しくて、どうしたら良いのか分からないのは当然だと思います。昨今情報社会となり、簡単に情報が手に入る世の中になりましたが、その情報が果たして正しいのかすら分からない状態だと思います。
    ほぼ残せるような歯が無いとのことなので、部分入れ歯は一時凌ぎかもしれません。オールオン4の長期予後は決して悪くありません。きちんとした治療を行い、メンテナンスを行えば、10年でも20年でもしっかり長持ちする治療法です。
    歯茎が痩せるトラブルは、主に歯ブラシが上手く出来てないことが原因に挙げられます。インプラントの長持ちの秘訣は、きちんと清掃できるかにかかっています。オールオン4は上部に乗せる人工の歯の形が複雑なため、歯磨きがし難い形になってしまうのを良く見かけます。患者様ご自身のブラッシングも、もちろん大事ですが、そもそも人工の歯の形的に歯ブラシが出来ないような形で仕上がってしまうこともあるようです。
    こうなると患者様がいくら歯ブラシを頑張っても長持ちはしません。
    オールオン4の長持ちの鍵は、インプラントを植える位置と上部に乗せる人工の歯を、いかに歯磨き出来やすくするかです。数年後に駄目にならないように、長い目で治療してくれる歯科医院は、ちゃんとあります。
    大きな治療になりますので、ご自身が信頼できる、「この先生なら!」という歯科医院に巡り会うまで、色々ご相談行かれてはいかがでしょうか?
    お費用的にはご準備頂いている金額で治療は可能だと思います。

大阪のインプラントオーバーデンチャー専門【YASU DENTAL CLINIC】


日付:  カテゴリ:オールオン4, よくある質問

上顎の総入れ歯を
インプラントオーバーデンチャーで治療した症例

総入れ歯が割れて食事を噛めないことを主訴に来院されました。

インプラントオーバーデンチャーとは

 

インプラントオーバーデンチャーは、最小本数のインプラントで入れ歯をボタンのようなもの(ロケーター)で固定し、安定させる治療法です。

特に効果的なのは、総入れ歯の方です。通常の総入れ歯は、歯茎に吸盤の効果で安定させるため、大きいものや硬い物を噛むと、入れ歯が外れてしまい、上手にお食事を噛むことができません。

インプラントオーバーデンチャーはインプラントで固定されているため、どんな物を噛んでも外れたり、ズレたりすることはありません。また、通常の総入れ歯よりサイズが小さく、上顎に関しては、真ん中(口蓋)部分をくり抜けるため、装着感がよく、発音しやすいのも特徴です。

治療後の口腔内写真

インプラント2本と奥歯の方は、ご自身の歯が残っていたので、o-リングというシステムを使用し、入れ歯を固定を行いました。

インプラントオーバーデンチャーの入れ歯の様式

口腔内の装置と、入れ歯内面にある装置同士がボタンのようにパチッと結合し、入れ歯を安定させます。

またインプラントオーバーデンチャーは、通常の総入れ歯に比べ、噛む力が3倍近く増大します。樹脂で作成されている通常の総入れ歯では、噛む力に耐えられず、すぐに破折してしまいます。当院のインプラントオーバーデンチャーに使用する総入れ歯は金属フレームで全体的に補強し、破折が起きないようにしています。

インプラントオーバーデンチャーの特徴

またインプラントオーバーデンチャーの総入れ歯は、上記写真のように上顎の真ん中部分がくり抜かれ入れ歯のサイズも通常の物に比べ、かなり小さくすることができます。

上顎の部分が覆われている総入れ歯と、インプラントオーバーデンチャーのようにくり抜かれているのにはかなり大きな違いがあります。上顎部分がないだけで、味がよくするようになったり、発音がしやすいためお話しやすく、歌なども入れ歯を気にせず歌えるようになり、装着感が良いため、違和感も最小限にできます。

そしてインプラントオーバーデンチャーの最大の特徴は、何でも噛んで食べれることです。インプラントで固定されている為、分厚いステーキでもサクっと噛み切ることができ、りんごの丸かじりもできます。入れ歯がズレて、お痛みが出たり、入れ歯の間に食品が詰まることもありません。

当院では、先ず患者様のご希望をお聞きして、患者さまごとに合ったオーダーメイドのインプラントオーバーデンチャー治療を行っています

 

年代・性別 70代女性
主訴 総入れ歯が割れている、ご飯をしっかり噛みたい
治療内容 上顎金属床総義歯,インプラントオーバーデンチャー
費用 金属床総入れ歯:50万、インプラント:25万×2本、ロケーター;6万×2個
期間 7ヶ月
リスク・副作用 適切な診断・治療を行わないと、インプラントの寿命が短くなったり、入れ歯が破折するなどのトラブルがございます。

総入れ歯でお困りの方は、是非一度ご相談下さい。

当院では初診時無料カウンセリングを行っております。

 

YASU DENTAL CLINIC

〒543-0074

大阪府大阪市天王寺区六万体町5ー18

大阪メトロ谷町線 四天王寺前夕陽ヶ丘駅3番出口直結

お問い合わせはこちら(相談フォーム)

大阪のインプラントオーバーデンチャー専門【YASU DENTAL CLINIC】


日付:  カテゴリ:インプラントオーバーデンチャー症例, 医院ブログ

インプラント義歯とオールオン4の違いは何ですか?

  • Q.
    インプラント義歯とオールオン4の違いは何ですか?
    痛みや手法、料金の違いも知りたいですし、優秀な歯科医院も知りたいです!!
    よろしくお願いします致します
  • A.
    ご質問ありがとうございます。
    インプラント義歯とオールオン4の主な違いは、ご自身で取り外しできるかどうか、人工の歯の部分の大きさ(違和感)です。
    インプラント義歯は総入れ歯を外れにくくするためにインプラントで支える治療になります。根本は入れ歯になるので、ご自身で取り外しができる治療方法です。
    また一般的な総入れ歯よりインプラント義歯の方が小さくはできるものの、入れ歯のため、ある程度のサイズがあるので入れ歯自体に抵抗感がある方には適応にならないことがあります。
    一方、オールオン4は完全に人工の歯を固定するため歯科医院でしか外せない治療になります。人工の歯も本来の歯とほぼ同等の大きさ(若干は大きくなります)のため、違和感をかなり抑えられます。ただし人工の歯を歯磨きしやすい形にしておかないと、歯ブラシが困難となり、汚れが常に付着していると口臭やインプラント周囲炎(インプラントの歯周病)などのトラブルになります。
    一般的に痛みを伴う処置の際は、麻酔を行うのでお痛みはございません。
    インプラント治療の際に外科処置が1回〜2回ほどあるので術後多少の痛みを伴うことはございますが、内服の鎮痛薬で十分コントロールすることは可能です。
    また両者の治療方法とも自費治療のため各医院ごとで治療費用は異なりますが、オールオン4の治療費用の方が高くなることが一般的です。
    インプラント義歯は入れ歯のため義歯代として数十万程度の金額がかかりますが、オールオン4の人工の歯は材質によって金額が大きく変わってきます。
    主にセラミック、ハイブリット(セラミックと樹脂の混合材料)、レジン(樹脂)が主に使われております。セラミックだと強度があるため一番長持ちしますが、歯だけで100万〜200万程度します。ハイブリッドだと少し費用は抑えられ、100万前後、レジンだとさらに費用は抑えられます。ただし、レジンは仮歯に使用される材料のため、強度が不足し、変色しやすく、すぐにすり減ってしまうため実際に治療で使用するのは難しいと思われます。
    長くなりましたが、お勧めの歯科医院は信頼だと思います。
    大きな治療になりますので、さまざまな医院でカウンセリングを受けてはいかがでしょうか?症例数が多いから良い治療をしているとは限りませんし、早いから上手いという事でもありません。この分野の治療は非常に繊細で丁寧さと技術が重要です。本当に患者さまのことを思い一生懸命治療してくれる歯科医院が良い歯科医院だと思います。

大阪のインプラントオーバーデンチャー専門【YASU DENTAL CLINIC】


日付:  カテゴリ:オールオン4, よくある質問

最近、歯をオールオン4という総インプラント(?)にしようと思っています。

  • Q.
    片顎に4本ぶっ刺すということは、
    上下やろうと思ったら費用は表記の2倍になるということでしょうか?
  • A.
    ご質問ありがとうございます。
    価格表記にもよりますが、オールオン4という治療は上顎か下顎のどちらに4本のインプラントを入れて全ての歯を支えるという治療になりますので、上下ともされるのであれば計8本のインプラントが必要になります。
    よっておそらく価格も2倍になるかと思われます。歯科医院によっては上下で価格が違うこともあるので、一度お問い合わせ頂ければと思います。

大阪のインプラントオーバーデンチャー専門【YASU DENTAL CLINIC】


日付:  カテゴリ:オールオン4, よくある質問

インプラントのオールオン4のできる歯科。

  • Q.
    インプラントの
    オールオン4のできる歯科。。。
    オールオン4なら総入れ歯でも上下それぞれ4本づつのインプラントだけで済むらしいですね。僕は吉祥寺にある歯科に通院しています。インプラントを得意としている歯科らしいのですが、オールオン4はやっていないということが判明し困惑しています。
    総入れ歯の人がインプラントを普通に入れると骨の移植が必要になったり、インプラントを10本以上は埋めないといけないそうです。
    インプラント1本あたりの値段が安いと広告がでていたハズなのですが、1本あたりがトータルで40万近い価格で、それをMAX14本入れることになるそうです。軽く計算しても560万…さすがにこれは高すぎますよね?
    こういった治療は安ければいいというものではないっていうのは理解しているつもりですが、オールオン4だったら費用が抑えられるのではないかと思いました。
    もっと他の歯科を探すべきか、ここで妥協するかとても悩んでいます。
  • A.
    ご質問ありがとうございます。
    インプラント治療をしている歯科医院はたくさんありますが、オールオン4の治療はさらに専門性と技術が必要なため、どこでもできる治療という訳ではございません。
    総入れ歯の方のインプラント本数には様々な意見がありますが、科学的に根拠があるのは上顎で7本、下顎で6本のインプラントの本数が必要と言われております(骨の状態や噛み合わせによって多少本数は前後します)。その点オールオン4は4本のインプラントで全ての歯を支えることになるため、必要最小限の本数となります。
    患者様によっては噛み合わせが強かったり、骨の状態によっては4本だとトラブルが起きやすいこともあるので、慎重にインプラント本数は検討されるべきだと思われます。
    ただし、10本以上は少し多いように思われます。インプラントの本数が多すぎると、歯磨きがしづらくなり汚れが溜まりトラブルの原因になります。
    インプラント1本は40万であれば相場の平均金額とは思われますが、10本以上はまず必要ないと思われます。
    インプラントは体にずっと残るものなので、いろんな歯科医院でご相談されてはいかがでしょうか。歯科医院ごとで治療方針や使う材料、治療技術など様々ですので、ご相談された中で一番信頼のおける歯科医院で治療して頂きたいと思います。

大阪のインプラントオーバーデンチャー専門【YASU DENTAL CLINIC】


日付:  カテゴリ:オールオン4, よくある質問

オールオン4とマグネット義歯ならどちらの方が良いですか?

  • Q.
    オールオン4とマグネット義歯ならどちらの方が良いですか?
    40代半ばなんですが、上顎の方の歯が何本もありません。
    その歯も抜けそうなので上記のどちらかをやろうと思います。
    ネットで検索したある歯科医に質問したらオールオン4は絶対お勧めしないと言われました。
    家の近くにある歯科で予約して、1本のインプラントに2~3歯って出来ないですか?と聞いたら黙ってしまいました。どなたか宜しくお願い致します。
  • A.
    ご質問ありがとうございます。
    オールオン4やマグネット義歯はどちらも全ての歯を失ってしまった方に対しては良い治療方法だと思います。オールオン4だから駄目ということはなく、両者ともきちんと治療を行えば長持ちして、食事をよく噛めるようになります。
    両者の治療方法は高度な治療技術が必要なため、一部の歯科医院でしか治療が出来ないことがあります。両者の主な違いとしては、ご自身での取り外しができるかどうか、人工の歯の大きさに違いがあります。

    マグネット義歯は入れ歯のため、ご自身で取り外しができ、食後は義歯を外しての清掃が必要になります。また義歯であるため、人工の歯の大きさはオールオン4に比べると大きくなります。義歯自体が苦手な方には適していない治療方法です。
    一方、オールオン4はご自身での取り外しが出来ないため、完全固定型になります。歯ブラシの際に毎回外さなくて良いためご自身の歯と同じようなメンテナンス方法になります。また人工の歯も本来の歯とほぼ同じサイズ(若干大きくはなります)となるため、可能な限り違和感を無くしたい方に適しています。

    治療費用はオールオン4の方が高額にはなりますので、どのように治療していきたいかの優先順位によって治療方法を選ばれてはいかがでしょうか。ご参考になりましたら幸いです。

大阪のインプラントオーバーデンチャー専門【YASU DENTAL CLINIC】


日付:  カテゴリ:オールオン4, よくある質問

神経が残ってる歯が12本もあるので、オールオン4は考えられない

  • Q.
    インプラントについて質問です。
    私は上の歯がほとんど差し歯です。
    オールオン4を考えていたのですが、念の為違う歯医者さんに行ったところ、神経が残ってる歯が12本もあるので、オールオン4は考えられないと言われました。前歯のブリッジが折れてしまっているので、そこなのみインプラント2本でする方法を提案されています。でも前歯6本の差し歯が外れやすく、数か月に1度取れて、その都度歯医者さんで付けてもらっていました。
    その状態がストレスなので、オールオール4が将来的にもいいのかなって思ったり、神経は残すのかいいのかなって思ったりしています。
    神経がある場合はオールオン4ってどうなんですか?
    よろしくお願いしますm(__)m
  • A.
    ご質問ありがとうございます。
    まず神経が残っている歯が12本も残っているのであれば、その歯を全て抜歯しオールオン4にするというのは、私もお勧め致しません。
    インプラントも歯を失った際の良い治療手段ではありますが、本来一番長持ちして、良く噛めるのはご自身の歯であることは間違いありません。神経をとってしまっている歯は長持ちしないことが多いですが、神経がきちんと残っている歯は長持ちする傾向にあるため、治療を行い歯を残すことをお勧め致します。
    差し歯が数ヶ月に一度取れてしまうのは歯科医師の治療技術が関係しているかもしれません。適切な治療を行えば、頻繁に差し歯が取れることはありません。
    前歯の折れてしまっている残らない歯だけを抜歯してインプラント治療か、もしくは前歯であれば、ブリッジにしてもきちんと長持ちさせることができる場合があるため、さまざまな治療方法の中からご自身が一番納得いく選択をして頂けたらと思います。
    たくさん歯が残っているのであれば、不用意に抜歯せず先ずは、ご自身の歯を残す治療を優先したほうが良いと思います。

大阪のインプラントオーバーデンチャー専門【YASU DENTAL CLINIC】


日付:  カテゴリ:オールオン4, よくある質問

まずは、あなたの
お悩みを
無料相談にて
お聞かせください!

大阪のインプラントオーバーデンチャー専門【YASU DENTAL CLINIC】

インプラントオーバーデンチャー外来では、来院される患者様の想いを大切にし、その期待に応える歯科治療を行います。そして綺麗になった歯で思いっきり笑い、ご飯を食べる喜びを感じて欲しいと考えています。
出会う歯科医院によって患者様の人生は大きく変わります。
人生最後の歯科治療を、是非インプラントオーバーデンチャー外来にお任せください。