インプラント
オーバーデンチャーと
入れ歯の違い

入れ歯とは

入れ歯

失ってしまった歯を、プラスチック製の人工歯で補う方法です。入れ歯を安定させる為に、残っている健康な歯に金属製のフックをかけ使用します。

入れ歯のメリット・デメリット

メリット

型取りするだけで比較的簡単に
作成できる
保険診療の範囲であれば、
安価に作成できる
ほとんどの場合、
歯を削らずに作成できる

デメリット

異物感がある
フックをかけている歯に過剰な負担がかかる為、長持ちしない
プラスチックの歯なので噛みにくい、噛みきれない
ズレて歯茎に
お痛みが出ることがある
入れ歯の間に
食品が詰まりやすい

入れ歯治療が
適応となる状態

治療費用を抑えたい方
多くの歯を失ってブリッジでの治療が困難な方
インプラント治療などの外科治療を避けたい方

こんな入れ歯で
悩んでいませんか?

噛めない入れ歯

噛めない入れ歯ができる理由

噛めない入れ歯の原因は2つあります。

①入れ歯が安定していない(外れやすい)
②入れ歯の人工歯の形態

この2つがしっかりしていないと、お食事を満足に噛むことはできません。

まず①の入れ歯の安定ですが、入れ歯がカタついたり、浮きやすい状態では、所定の位置で噛むことができません。入れ歯は上下の歯が1点で噛み合う事で効率よくお食事を咀嚼することが出来るので、入れ歯が安定する事が噛むことの最低条件となります。

②の人工歯の形態も重要になります。
すり減っているような平坦な形では、食事を平にするだけで粉砕することは出来ません。人工歯は、山谷がしっかり付いたような凸凹のある形態が効率よく噛むことができ、上下の人工歯の山谷が嵌合することでしっかり噛む事ができるようになります。

噛めない入れ歯を利用し続けることでどんなリスクがあるか?

噛めない入れ歯の特徴は、まず、入れ歯が安定しておらず、外れやすい状態であり、このような入れ歯を使用し続けると、歯茎を傷つけ痛みが出るだけでなく、歯茎(顎の骨)の痩せるスピードを早めてしまいます。総入れ歯は本来、歯茎(顎の骨)で支えられる為、痩せれば痩せるほど入れ歯が安定しなくなってしまいます。安定しない入れ歯の使用を続ける事で、より入れ歯は安定しなくなり状況は悪化の一途を辿ってしまいます。

また、噛めない入れ歯の人工歯の形は、すり減って平坦な状態になっています。
平坦な人工歯では、食事をきちんと咀嚼することはできず、食べ物も粉砕する事ができない為、消化器系の臓器に負担をかけるだけでなく、正しく栄養を吸収することもできなくなり、全身的な健康にも影響を及ぼす可能性があります。

噛めない入れ歯を
改善するためには?作り変え?

まずは、噛めない原因を追求することが改善の第一歩になります。
元々の入れ歯の形自体が安定しないようであれば、新しく作り替える必要も出てきますが、多くの方は長期間同じ入れ歯を使用し、馴染んでいるため、可能な限り慣れた入れ歯を修理するようにしています。

入れ歯が安定しない理由が、カタついたり、浮きやすい状態であれば、入れ歯の歯茎に接する部分の裏打ちを新しい材料に置き換え、今の歯茎にフィットするように調整を行います。そうする事で歯茎に密着しやすくなり、入れ歯の安定が測れます。

そして人工歯のすり減りが認められる場合には、人工歯を新しく置き換えるか、その場で材料を盛り足し、山谷がしっかりついた粉砕能力のある人工歯を作成します。いずれの場合も、正しく原因を追求し、的確に治療を行う事が重要です。

すぐ外れる入れ歯

すぐ外れる入れ歯ができる理由

すぐに外れてしまう入れ歯の特徴は、
入れ歯と歯茎の間に隙間がある入れ歯の形態が適切でない可能性があります。入れ歯は、基本的には歯茎に吸盤のように吸い付く事で安定します。
入れ歯と歯茎の間に隙間があれば、うまく吸盤効果は働かず、直ぐに外れてしまいます。

また入れ歯の形態も重要で、うまく吸盤効果が出るように、舌や頬が動いても空気が逃げずに最大限吸着するような絶妙な形が求められます。
これは、頬と舌に調和したその患者様固有の形に作成する必要があります

すぐ外れる入れ歯を利用し続ける
ことでどんなリスクがあるか?

すぐに外れる入れ歯の原因が、入れ歯と歯茎の間に隙間がある場合は、歯茎(顎の骨)の痩せるスピードを早めてしまいます。入れ歯は本来、歯茎(顎の骨)で支えられる為、痩せれば痩せるほど入れ歯が安定しなくなってしまいます。
安定しない入れ歯の使用を続ける事で、より入れ歯は安定しなくなり状況は悪化の一途を辿ってしまいます。

すぐに外れる入れ歯では十分に食事を咀嚼することが出来ず、柔らかい物ばかり食べることで、食欲の減退や、体重減少など全身的な体の健康にも影響してきます。

また、入れ歯であってもしっかり噛むことで、脳への血流が増え、働きが活発になるため、すぐに外れる入れ歯の使用を続けると記憶力などにも影響すると言われています。

すぐ外れる入れ歯を
改善するためには?作り変え?

すぐに外れる原因が、入れ歯と歯茎の間に隙間がある場合は、入れ歯の歯茎に接する部分の裏打ちを新しい材料に置き換え、今の歯茎にフィットするように調整を行います。
そうする事で歯茎に密着しやすくなり、入れ歯の安定が測れます。
入れ歯の形態自体が原因の場合は、調整だけで改善することは難しく、新しく作り替えた方が良い場合が多いです。

痛い入れ歯

痛い入れ歯ができる理由

入れ歯の痛みの原因は、入れ歯が、歯茎全体に均等な圧がかかっていない事が原因に挙げられます。一箇所でも強く当たるようであれば、歯茎は傷つき痛みを伴います。

また噛み合わせも重要で、片側だけ強く噛んでいる場合は、その片側に圧がかかりすぎる為、同じく歯茎を傷つけてしまいます。入れ歯には均等に圧がかかるような噛み合わせに調整することも重要です。

痛い入れ歯を利用し続けることで
どんなリスクがあるか?

痛い入れ歯を使い続けることで、歯茎がより傷つき、調整しなければ痛みが取れることはありません。またその傷口を長期間入れ歯で刺激し続けると、稀ではありますが、がん化することもあるので注意が必要です。

痛む入れ歯を使用し続ける事で、食事をしっかり噛む事ができず、柔らかい物ばかり食べることで、食欲の減退や、体重減少など全身的な体の健康にも影響してきます。入れ歯の痛みを取ることは、そんなに難しい事ではないので、早めに歯科医院で調整されることをお勧め致します。

痛い入れ歯を改善するためには?
作り変え?

入れ歯が痛むだけで、他に問題がないようであれば、痛む所を調整すれば問題ありません。

一気に調整し、削る量を多くしてしまうと、入れ歯がすぐ外れたり、緩くなる原因にもなるので、少しづつ調整していく必要があります。
基本的に入れ歯が痛いだけでは、入れ歯を新しく作り変える必要はありません。

入れ歯ではなく、
インプラントオーバーデンチャーをすすめる理由

入れ歯でご飯がしっかり噛めない
入れ歯が外れる、カタつく
入れ歯が大きく違和感がある
歯茎が痩せて、入れ歯が安定しない
入れ歯がよく痛む
入れ歯の修理、調整を頻繁にしている
入れ歯だと他人に気づかれたくない方
部分入れ歯のフック(クラスプ)がかかっている歯を大事にされたい方

上記のようなお悩みの方に
インプラントオーバーデンチャーがお勧めです

数本のインプラントを用いるだけで
入れ歯の維持安定に効果を発揮します

入れ歯

入れ歯は基本的に、歯茎の上に乗っているプラスチックで食事を噛むので、ご自身の歯のようにしっかり噛むことが難しくなります。

しかし、インプラントオーバーデンチャーは、骨と結合したインプラントで固定されているので、入れ歯がカタついたり、外れたりという事がありません。分厚いステーキやお煎餅でも何でも好きなものを食べれるようになる画期的な治療方法です。

メンテナンスの違いについて

入れ歯

総入れ歯であれば、基本的にお口の中に歯がないので歯磨きの必要はなくなります。しかし、舌の表面には、舌苔と言われる白い汚れが付着します。

これは、細菌の塊で口臭や誤嚥性肺炎の原因になるので、舌ブラシなどで綺麗に取り除く事が必要になります。

また頬の内側や歯茎表面にも汚れが付着するので、スポンジブラシなどの柔らかいもので擦り、お口の中をマッサージするようにお手入れしてください。

入れ歯自体の清掃には毎食後、入れ歯専用ブラシで表面の汚れを落とし、夜の就寝時に入れ歯洗浄剤につけていただけると綺麗に入れ歯を使って頂けます。

インプラントオーバーデンチャーは、お口の中にインプラント上部に装着したロケーターと言われるパーツがあるので、この清掃が必要になります。ロケーターは直径4mm程度と小さく、簡単に歯ブラシを行う事ができます。またシンプルな形状のため、天然の歯よりも磨きやすく、歯磨きの技術も必要ありません。

インプラントの本数にもよりますが、2分程度で歯磨きを完了できます。また入れ歯自体の清掃は、毎食後に入れ歯専用ブラシで表面の汚れを落とし、夜の就寝時に入れ歯洗浄剤につけていただけると綺麗にメンテナンスを行う事ができます。

詳しく見る

まずは、あなたの
お悩みを
無料相談にて
お聞かせください!

当院では、来院される患者様の想いを大切にし、その期待に応える歯科治療を行います。そして綺麗になった歯で思いっきり笑い、ご飯を食べる喜びを感じて欲しいと考えています。
出会う歯科医院によって患者様の人生は大きく変わります。
人生最後の歯科治療を、是非当院にお任せください。